DXコンサルタントは何をしてくれる?選定するための5つの基準

経営支援・DX推進
経営支援・DX推進

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、現代の企業において競争力を維持し、成長を促進するための重要な戦略です。しかしDXを実施する際には、ほとんどの企業が多くの課題を抱えてしまいます。自分達だけでは課題を解決できないことも少なくありません。このような時に頼れるのが、DXコンサルタントです。この記事では、DXコンサルタントの役割と、適切なコンサルタントを選定する際の基準について詳しくお伝えします。

DXコンサルタントの役割

コンサルタントとは特定の問題に対して、アドバイスや専門知識を提供する人を指します。その人が提供してくれるアドバイスや専門知識を提供する行為をコンサルティングと呼ぶわけですが、DXコンサルタントはいわばDX専門のコンサルタントです。DXコンサルタントは企業がデジタル技術を活用して業務プロセスを最適化し、競争力を高めるための戦略的アドバイスを提供します。代表的なDXコンサルタントの役割は以下のとおりです。

  • DX戦略の策定
  • 導入する技術の選定
  • プロジェクト管理
  • 社内変革の促進

DX戦略の策定

DXの中でも、戦略の策定はとくに重要な部分です。DXコンサルタントに依頼をすれば、企業の現状を詳細に分析し、DX戦略の策定を支援してくれます。このプロセスを行う際、DXコンサルタントは以下の点に注目することが多いようです。

  • 市場や競合の状況
  • 技術のトレンド
  • 組織内外のステークホルダーとのコラボレーション

その上で長期的な展望や短期的な目標の設定、実装計画の立案などを行なってくれます。

導入する技術の選定

DXコンサルタントは企業のニーズやビジョンに基づいて、最適な技術を選定してくれます。導入する技術選定の際、DXコンサルタントは以下のポイントに注目します。

  • 現在の技術状況の評価
  • 将来の成長と拡張の見込み
  • セキュリティ要件の考慮
  • コストとリターンのバランス

導入する技術の選定プロセスでは、複数の技術を比較し、最適な解決策を特定するための分析も行われます。導入する技術が想定されたらその技術を実装するための計画を策定し、スムーズな移行と展開をサポートしてくれます。

プロジェクト管理

DXプロジェクトの成功には、計画、実行、監視、制御が欠かせません。DXコンサルタントは、これらのタスクを担当し、プロジェクトが予定通りに進行するように管理してくれます。具体的に管理することは以下のとおりです。

  • スケジュール管理:作業の進捗状況を把握し、タイムラインに沿ってプロジェクトを推進します。
  • リスク管理:適切な対策を講じてプロジェクトのリスクを最小限に抑えます。
  • 品質管理:成果物の品質を確保し、企業や組織の期待に応えることを目指します。

このようにDXコンサルタントはプロジェクトチームをリードし、プロジェクトの目標達成に向けて効果的に作業を進めてくれます。

社内変革の促進

DXは組織全体に影響を与えるため、組織文化の変革や従業員のスキル向上も必要です。DXコンサルタントは変革を促進するための戦略を策定し、実装を支援します。

  • 組織のビジョンや目標に基づいた変革のロードマップの策定
  • 関係者に変革への理解と受容を促進
  • 従業員のスキル向上のためのトレーニングや教育プログラムを提供

このような活動によって組織内の全従業員がデジタルトランスフォーメーションに積極的に参加するように促すのもDXコンサルタントの役割です。

DXコンサルタントを選定する際の5つの基準

DXコンサルタントを選定する際には、以下の基準を考慮すると良いでしょう。

  1. 専門知識と経験
  2. 業界への理解
  3. 成功事例
  4. カスタマーサポートの充実
  5. コミュニケーション能力の高さ

DXコンサルタントを選定する基準1:専門知識と経験

DXコンサルタントを選定する際、重要な要素はやはり経験です。DXという言葉自体は、ごく最近生まれた言葉なため、DXコンサルタントという職業自体も最近のものです。それでも、DXコンサルタントを選定する際には、彼らの経験に注目するべきでしょう。

専門的な知識は、あって当たり前です。そのため、少しでも「知識面で頼りない」と感じたら、そのコンサルタントとは契約しないほうが良いでしょう。

DXコンサルタントを選定する基準2:業界への理解

コンサルタントの知識はあって当たり前ですが、業界への理解はそれぞれのコンサルタントによって大きく変わります。ですので、そのコンサルタントが自分達の業界や市場にどれだけ精通しているかは、確認しなければなりません。

業界への理解が深いコンサルタントに依頼をすれば、業界特有の課題解決やトレンドの把握などもスムーズです。一方、業界への理解があまりないコンサルタントに依頼をしてしまうと、机上の空論のようなアドバイスしか受けられない可能性もあります。

DXコンサルタントを選定する基準3:成功事例

コンサルタントが過去にどのようなプロジェクトを手掛け、どのような成果を上げてきたかを知ることは大事です。もしも類似のプロジェクトを成功させた経験があるコンサルタントに依頼できれば、心強く感じることができるでしょう。

DXコンサルタントを選定する基準4:カスタマーサポートの充実

サポート体制が整っているかどうかの確認も重要です。DXプロジェクトでは、予期せぬ問題が発生することが少なくありません。その際に適切なサポートを提供してもらえるかどうかは、非常に重要なポイントと言えるでしょう。プロジェクトの実行中はもちろんですが、プロジェクトが終了した後もどのくらいの期間サポートしてもらえるのか、確認しましょう。

DXコンサルタントを選定する基準5:コミュニケーション能力の高さ

コンサルタントとの円滑なコミュニケーションがプロジェクトの成功に不可欠です。コミュニケーション能力の高いコンサルタントは、クライアントとの関係を円滑に保ち、ニーズや要件を正確に把握し、適切な解決策を提供してくれます。

また、コミュニケーションが円滑であれば、プロジェクトの進捗状況や課題についての情報共有も効率的に行えるでしょう。一方、コミュニケーションが十分に取れないコンサルタントと契約してしまうと、プロジェクトの目標の達成が難しくなる可能性があります。

おすすめのDXコンサルタント

ここまでの流れを踏まえて、おすすめのDXコンサルタントを紹介します。
※これらの製品情報の閲覧には「DXPOオンライン会員登録」が必要です。

(株)八芳園

“SOLVE EIGHT" DXコンサルティング

アナログ業界から生まれたDXコンサルティング

SOLVE EIGHTは業務DXのためのシステム開発支援やコンサルを行います。アナログ業界の運営会社が自らの成功・失敗体験をもとにした、”一歩先に行かない目線“で、解決に導きます!

(株)SPONTO

DXコンサル、システムインテグレーション、SES

AI/DXのIT構築に強い、日本とベトナムのエンジニア活用

CxOの課題に対しスポットでコンサルティングを行い最適な戦略立案と技術選定を行い低コストにIT構築が可能です。貴社のビジネス成長にスピーディーかつ高品質でご対応することが可能です。

エム・ティー・エス(株)

プラス+

「あなたの会社にほんの少しのプラス+を。」

システム開発、DXコンサルティング、ヘルプデスク、サーバー保守など、業務内容は問いません。 貴社に足りない人材を、必要な時間分、サポート致します。お得なトライアルプラン実施中!

まとめ

自分達だけでは思うようにDX化が進まないケースは多々あります。そのような企業でも、DXコンサルタントの力を借りることで、DXプロジェクトを成功させることができるでしょう。ここでは、どのようなDXコンサルタントを選べば良いのか、解説しました。是非、実際にコンサルタントを選ぶ際の参考にしてください。

また、DXコンサルタントと契約する際に稟議書が必要な場合は、以下の記事を参考にしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました