おすすめのプロジェクト管理ツール紹介!業務内容がハッキリ見える

経営支援・DX推進

プロジェクト管理ツールを導入することで、プロジェクトの進捗状況を可視化したり、チームメンバーとのコミュニケーションを円滑にしたりすることができます。当記事ではプロジェクト管理ツールを導入するために必要な情報や流れを解説すると共に、おすすめのプロジェクト管理ツールを厳選して紹介します。

プロジェクト管理ツールの重要性

プロジェクト管理ツールは、プロジェクトの成功を左右する重要なツールです。プロジェクト管理ツールを導入することで、以下のメリットが得られます。

  • 進捗状況の可視化
  • コミュニケーションの円滑化
  • リスクの軽減

進捗状況の可視化

タスクの進捗状況やスケジュール、リソースの使用状況などを一元的に管理できます。管理者はプロジェクトの進捗状況をリアルタイムで把握することができ、進展の遅れや問題の発覚に迅速に対応できるようになります。プロジェクトが計画通りに進行しやすくなるのです。

コミュニケーションの円滑化

プロジェクト管理ツールを使うことで、タスクの進捗状況やコメントをチームメンバーと共有しやすくなります。プロジェクトに関する情報をリアルタイムで共有し合い、円滑なコミュニケーションを築くことで、ミスや誤解は軽減するでしょう。また、チーム全体の理解を促進し、プロジェクトの効率性を向上させることもできます。

リスクの軽減

プロジェクト管理ツールにはリスクの軽減への効果もあります。リスクを事前に予測し、対策を立てることができるため、プロジェクトの進行中に問題が発生しても柔軟かつ迅速な対処が可能です。この点は、プロジェクトの安定性を確保する上での大きなメリットとなります。

プロジェクト管理ツールでできること

プロジェクト管理ツールは多岐にわたる機能を有しており、プロジェクト全体の効率を向上させます。以下に一般的な機能を紹介し、それぞれの機能がプロジェクトの円滑な進行にどのように寄与するのかを解説します。

タスク管理

タスク管理はプロジェクト管理ツールの中でも基本的で不可欠な機能です。ツールを使用することでタスクの作成から割り当て、進捗状況の管理までを効果的に行えます。タスク管理を行うことで、プロジェクトの進行状況がリアルタイムで把握でき、適切なタイミングでの調整や対応が可能となります。

スケジュール管理

スケジュール管理はプロジェクト全体の時間軸を整理するための重要な機能です。タスクの開始日や終了日、依存関係を的確に把握し、プロジェクトを計画通りに進行しやすくします。スケジュールの適切な管理はタイムリーな成果物の達成やプロジェクトの納期を守る上で欠かせません。

リソース管理

人材や設備などのリソースの使用状況を把握し、最適な配分を行うための機能です。ツールを駆使してリソースの予測や計画を行うことで、プロジェクト全体のリソースの最適化が可能となります。

コミュニケーション

チームメンバー同士の円滑な情報共有の実現が可能です。タスクの進捗状況やコメントをツール上で共有することで、コミュニケーションが円滑になり、ミスや誤解を防ぐことができます。

リスク管理

リスクを事前に予測し、対策を立てます。ツールを用いてリスクを事前に予測し、適切な対策を講じることで、予期せぬ問題に柔軟に対応することが可能です。リスクを最小限に抑え、プロジェクトを安定的に進行させるためにも、リスク管理機能の活用が不可欠です。

プロジェクト管理ツールを選ぶ時のポイント

プロジェクト管理ツールを選定する際には、以下のポイントに注意することが重要です。

プロジェクトの規模や内容

プロジェクトの規模や内容によって、必要な機能や利用人数が変わってきます。そのため、管理ツールを選ぶ際には、プロジェクトの規模や内容を考慮することが重要です。プロジェクトの規模が大きく複雑な場合や、特定の機能が求められる場合は、それに適したツールを選ぶ必要があるでしょう。

一方、小規模で単純なプロジェクトであれば、シンプルなツールでも十分な場合もあります。プロジェクトの性質に適した機能や対応人数を把握し、それに基づいたツールを選択するのが大事です。

予算

ツールの価格は無料から高額なものまで幅広く存在し、予算内で最適なツールを見つけることが重要です。予算に余裕がある場合でも、ツールの提供する機能やサポート体制に見合った投資を行うことが賢明でしょう。逆に予算に制約がある場合は、必要な機能の中で優先順位をつけることが重要になってきます。

操作性

操作性も重要です。プロジェクト管理ツールが使いにくいと、導入しても十分に活用することが難しくなります。ツールの使い勝手やデザインがプロジェクトメンバー達から受け入れられやすいかどうかを確認しましょう。ツールの中には無料トライアルの期間が設けられているものもあるので、その期間中に操作性を確認すると良いでしょう。

プロジェクト管理ツール導入までの流れ

プロジェクト管理ツールを導入する際には、計画的かつ段階的な導入プロセスが必要です。以下に一般的な導入までの流れを紹介します。

  1. 現状分析と機能整理
  2. ツールの選定
  3. 導入作業
  4. トレーニング
  5. 運用開始

1:現状分析と機能整理

プロジェクト管理ツールを導入する前に、自社のプロジェクト状況を徹底的に分析します。プロジェクトの性質や規模、チーム構成などを詳細に把握し、必要な機能を整理します。この分析によって、自分達にどのようなツールが必要なのか明確にできます。

2:ツールの選定

分析結果をもとに、最適なプロジェクト管理ツールを選定します。プロジェクトの特性に合った機能が備わり、チームのニーズに適したツールを選ぶことが成功の鍵となります。価格、拡張性、カスタマイズ性なども検討事項に含めましょう。

3:導入作業

選定したツールを導入する際には、段階的な展開が効果的です。初期段階では、ツールの基本機能を中心に導入し、従業員に使い方を習得させます。ここまでの流れであれば、無料トライアルを利用しても良いでしょう。システムの設定やカスタマイズなども行い、自分達のプロジェクトに適した形にツールを調整していきます。

4:トレーニング

基本的な操作から高度な機能の利用方法まで、従業員がツールを効果的に使えるようにサポートします。適切なトレーニングは、導入後の円滑な運用に繋がります。

5:運用開始

従業員がツールの使用に慣れたら、本格的な運用を開始します。運用開始後は、従業員達からのフィードバックも重要です。彼らの意見を取り入れて、より良い形でツールを使えるように再調整が必要なケースもあるでしょう。

おすすめのプロジェクト管理ツール

ここまでの流れを踏まえておすすめのプロジェクト管理ツールを紹介します。これからの導入を検討されている企業の担当者の方は、以下のツールを検討してみてください。
※これらの製品情報の閲覧には「DXPOオンライン会員登録」が必要です。

(株)システムインテグレータ

統合プロジェクト管理ツール「OBPM Neo」

収益認識基準に標準対応!プロジェクト別採算、管理会計の実現に

プロジェクトの採算と進捗を統合管理!すべてのプロジェクトの現時点での採算状況も簡単に把握できる。国内で唯一PMBOKに準拠。プロジェクト管理の見える化・合理化を実現しよう。

(株)クラウドワークス

クラウドログ

カンタン工数管理で、業務を見える化

業務改善・業務可視化の第一歩は「クラウドログ」!メンバーもマネージャーも使いやすい、シンプルなクラウド型工数管理・プロジェクト管理ツールです。 ※8/17ロゴリニューアルしました。

Planview

Planivew Adaptive Work

ProfessionalServiceAutomation

高度な計画、予算管理、リソース配分、プロジェクト管理、ポートフォリオ管理、プロセス改善など、複数PJを統合的に可視化できるConnected Solution Platformです

まとめ:どのようなツールが必要なのか明確にすることが大事

適切なプロジェクト管理ツールを導入すれば、業務の合理化と生産性向上に繋がります。しかし、そのためには自社のプロジェクトを管理するためには何が必要なのかを、よく検討しなければなりません。全体を見渡せるツールの選定と適切な導入プロセスの構築が、成功の鍵です。

DXツールを探すなら展示会もおすすめ

バックオフィスDXPO大阪’24
管理部門の業務効率化・DX推進のための展示会
本分野 関西最大級 360社が出展!
会場:インテックス大阪 6号館 Cゾーン
会期:2月29日(木)・3月1日(金)

経営支援・DX推進
<この記事の執筆者>
DXPOカレッジ編集部(DXPOオンライン事務局内)

DXPO(読み:ディーエクスポ)は2022年夏にスタートした、DX分野日本最大級のBtoBハイブリッド展示会(リアル展[東京・大阪・福岡]+オンライン展)です。DXPOオンラインは、IT製品約450点※が出展、登録会員数36,000人以上※を数える、IT製品・サービスの比較・見積・マッチングサイトで、製品導入の比較検討に役立つ情報や、DXにおける課題解決のヒントを『DXPOカレッジ』として発信しています。(※23年12月時点の数値)

この記事をシェアする
DXPOカレッジ
タイトルとURLをコピーしました