IT管理者が知るべき!社内のデータ分析を行うメリットと便利なツール

デジタルマーケ・SNS運用

現代のビジネス環境において、データは企業の生命線です。データの効果的な活用が競争優位の鍵を握ると言っても過言ではないでしょう。とくにIT管理者にとっては、社内のデータを有益な形で分析を行い、経営や管理に活かすことが重要な課題となっています。当記事では社内データ分析の重要性とそのメリットに焦点を当て、IT管理者が押さえておくべきポイントについて詳しく解説しますので、是非参考にしてください。

分析するべき社内データとは

データ分析は企業にとっての貴重な戦略的ツールのひとつです。しかし、社内のデータ分析を始める前、何を分析すべきかを明確にしなければなりません。どの企業にも社内にはさまざまなデータがあると思いますが、IT管理者がとくに注視すべきなのは以下のデータたちです。

  1. 社内プロセスのデータ
  2. システムの稼働状況データ
  3. ユーザー行動データ

1:社内プロセスのデータ

社内プロセスのデータは、ビジネスの中核をなす要素です。生産性向上やプロセスの最適化のためには、各段階でのデータを詳細に分析することが重要でしょう。それぞれのデータを詳細に分析することで、これまで見えてこなかったボトルネックの発見や効率の向上が可能となります。

2:システムの稼働状況データ

ITインフラストラクチャの健全性は企業の生命線です。システムの稼働状況データを分析することで、障害の早期発見やシステムの安定稼働に向けた調整が行えます。システムの稼働状況データを分析することで、業務の中断を最小限に抑え、ユーザーエクスペリエンスを向上させることが可能です。

3:ユーザー行動データ

顧客中心のアプローチを取るためには、ユーザー行動データの分析が欠かせません。ユーザー行動データを分析することで、IT管理者は顧客のニーズや嗜好を理解し、サービスや製品の改善に活かすことができます。顧客満足度の向上や長期的な顧客ロイヤリティの構築にも期待が持てるでしょう。

社内データ分析を行うメリット

データの分析はIT管理者にとって、企業の未来を切り拓くために重要なものです。その中でも、とくに社内データ分析がもたらす多様なメリットを知ることは、IT戦略の構築や経営判断において不可欠だと考えられます。ここでは社内データを分析する代表的なメリットを4つ紹介するので、把握しておいてください。

  1. 意思決定の精度向上
  2. リソースの最適活用
  3. セキュリティ強化
  4. 顧客満足度の向上

1:意思決定の精度向上

社内データ分析を活用する最大のメリットは、意思決定の精度が向上することです。客観的なデータを基にした的確な意思決定は、ビジネスの成功に直結します。たとえば、財務データや生産データを分析することで、将来の投資戦略を緻密に計画し、迅速な対策を講じることが可能となるでしょう。戦略の策定や問題解決がより効果的に行え、企業の競争力の向上に期待することができます。

2:リソースの最適活用

社内データを分析することで、リソースの最適活用にも良い影響を与えます。システムの稼働データを分析し、効果的なリソースの配置や適切なタイミングでのメンテナンスが行えるようになれば、コスト削減や生産性向上が実現し、企業の運営効率が向上します。

3:セキュリティ強化

社内データを分析することで、自社に対する不審なアクセスパターンや異常な活動を検知することができます。結果的に、セキュリティインシデントへの早期対処が可能となるのです。セキュリティの脆弱性を低減させられるので、企業データを確実に保護しやすくなります。

4:顧客満足度の向上

データ分析を通じて得られる顧客行動データは、顧客満足度の向上に大いに影響を与えるでしょう。顧客行動データを分析することで、顧客のニーズや嗜好をより的確に把握することができます。その結果、製品やサービスの改善に繋げることができたり、顧客との強固な関係を築いたりすることが可能になります。

社内のデータ分析を行う際の注意点

社内データの分析は、企業において重要な意思決定をサポートする強力なツールです。しかし、その有益な結果を得るためには、以下の重要な5つの注意点を押さることを意識してください。

  1. データの信頼性を確保
  2. プライバシー規制の遵守
  3. データの解釈は慎重に行う
  4. 従業員達にはトレーニングと教育が必要
  5. 継続的に監視と評価を行う

1:データの信頼性を確保

データ分析は、信頼性のあるデータを利用して初めて意味が生じます。信頼できないデータを分析してしまうと、役に立たないどころか企業に深刻な損害をもたらす可能性さえあるでしょう。IT管理者にはデータの収集方法や品質を検証し、正確性を確保することが求められます。

2:プライバシー規制の遵守

データ分析を行う際には、個人情報の保護が不可欠です。顧客や従業員のプライバシーを尊重するために法規制やプライバシーポリシーを遵守し、データの取り扱いには十分な注意を払う必要があります。

3:データの解釈は慎重に行う

データは無感情です。そのため、データの解釈には慎重なアプローチが求められます。データを分析する際は冷静であることはもちろん、結果を過度に解釈することなく、正確なコンテキストを理解するように意識してください。そうすることで、誤った判断をするリスクを軽減できます。

4:従業員達にはトレーニングと教育が必要

データ分析を適切に行うためには、従業員達へのトレーニングと教育が欠かせません。IT管理者は、データを扱う従業員達に対して最新のデータ分析ツールや手法を理解させる必要があります。彼らとの間に共通の知識体系を築くことができれば、データ活用はより有効的となるでしょう。

5:継続的に監視と評価を行う

社内データの分析は継続的なプロセスのため、絶え間ない監視とシステムへの評価が必要です。そうすることで、データの変化や新しいトレンドに敏感に対応できるようになりますし、必要があれば戦略の調整を行うこともできます。

おすすめの社内データ分析システム

ここまでの流れを踏まえて、社内のデータ分析を行うためのシステムを紹介します。これから社内のデータ分析に力を入れたい方は、以下のシステムを検討してみてください。
※これらの製品情報の閲覧には「DXPOオンライン会員登録」が必要です。

(株)ジーニー

GENIEE DATA CONNECT

社内のデータ分析を加速する、次世代データ活用基盤

社内の異なるデータベースの情報を統合できるツールです。散らばったデータの加工・統合を完全自動化し、社内資産データを各種システムへ共有。工数削減、人為的なミスの防止に役立ちます。

(株)Insight Tech

不満データ×AI活用型SaaS「不満ファインダー」

3,800万件におよぶ独自の「不満ビッグデータ」

「不満買取センター」が独自に収集した不満ビッグデータをブラウザ上で自由に検索・分析する、全く新しいデータ×AI活用型SaaS。生活者の不満に隠れた本音をスピーディーにあぶり出します

B&DX(株)

データアナリティクスAI導入支援サービス

一般社員でもすぐにAIを活用したデータ分析が可能に!

専門家に頼らず、一般社員でもデータアナリティクスAIを活用した分析がすぐに実践できるよう、ポイントを伝授します。「PoCで終わらない」データアナリティクスAIの活用を実現します。

INSIGHT LAB(株)

TERASU

包括的データ利活用支援サービス TERASU

ツール選定、環境構築、運用保守、ハンズオン研修など、お客様のデータ活用フェーズに合わせ支援する体制を整えておりますので、多くのお客様に長期的なご支援をさせて頂いております。

(株)クロスユーアイエス

Data Knowledge

基幹システムの再構築時に選ばれるBIツール

簡単な操作でデータベースからデータを抽出し、自由に集計・加工・出力処理ができるBIツールです。 また、情報システム部門に頼らない情報活用を実現します。

まとめ

社内データの分析は企業にとって強力なツールであり、ビジネスの方針や戦略策定において不可欠です。まだ社内データの分析を本格的に行っていないのであれば、この記事で紹介した内容を参考に、取り組んでみてください。社内データの分析は、企業の未来において重要な役割を果たすものであり、積極的に取り組むべきものです。

DXツールを探すなら展示会もおすすめ

営業・マーケ/広告・販促/店舗・EC DXPO大阪’24
売上アップ・業務効率化・DX推進のための展示会
本分野 関西最大級 360社が出展!
会場:インテックス大阪 6号館 Cゾーン
会期:2月27日(火) ・2月28日(水)

DXツールを探すなら展示会もおすすめ

バックオフィスDXPO大阪’24
管理部門の業務効率化・DX推進のための展示会
本分野 関西最大級 360社が出展!
会場:インテックス大阪 6号館 Cゾーン
会期:2月29日(木)・3月1日(金)

デジタルマーケ・SNS運用経営支援・DX推進
<この記事の執筆者>
DXPOカレッジ編集部(DXPOオンライン事務局内)

DXPO(読み:ディーエクスポ)は2022年夏にスタートした、DX分野日本最大級のBtoBハイブリッド展示会(リアル展[東京・大阪・福岡]+オンライン展)です。DXPOオンラインは、IT製品約450点※が出展、登録会員数36,000人以上※を数える、IT製品・サービスの比較・見積・マッチングサイトで、製品導入の比較検討に役立つ情報や、DXにおける課題解決のヒントを『DXPOカレッジ』として発信しています。(※23年12月時点の数値)

この記事をシェアする
DXPOカレッジ
タイトルとURLをコピーしました