業務効率向上!DXがもたらす店舗管理システムの進化

店舗・商業施設支援

デジタルトランスフォーメーション(DX)の波が広がる中、店舗管理システムの導入は、企業にとっての重要な課題のひとつとなっています。この記事では、DXがもたらす店舗管理システムの進化に焦点を当て、導入から効果までを詳しく解説します。

店舗管理システムとは

店舗管理システムとは、販売データや在庫情報、顧客情報など、多岐にわたるデータを統合的かつ効率的に管理するシステムです。この進化したツールが業務プロセスを革新し、DXの一環として企業の競争力を向上させています。

店舗管理システムで、できること

店舗管理システムを利用すると以下のことができるようになります。

  • リアルタイムな在庫管理
  • 顧客データの継続的な分析
  • 効率的な従業員の管理
  • データの可視化と意思決定の迅速化
  • 顧客との双方向コミュニケーション

リアルタイムな在庫管理

店舗管理システムの利用により、リアルタイムで在庫を把握することが可能です。その結果、商品の適切な補充や不良在庫の最小化が実現されるでしょう。これまで抱えてきた在庫管理に関する課題が劇的に解消されます。

顧客データの継続的な分析

顧客情報の蓄積と分析は、店舗運営において欠かせません。顧客の嗜好や購買履歴を的確に把握し、データに基づいたキャンペーンやサービスの提供することで、顧客満足度の向上とリピート率の増加が期待できます。

とくに人口減少や消費行動の冷え込み等の時流を考えると、新規顧客のリピート率や定着率の向上させることは、店舗を発展・存続していくための喫緊の課題となるでしょう。

効率的な従業員の管理

店舗管理システムは、従業員のシフト管理や勤怠管理もサポートします。従業員の効率的な配置が可能となり、業務全体を円滑に進めることが可能です。

また、従業員同士でのコミュニケーションも取りやすくなります。自分のタスクの進捗状況やスケジュールの共有が容易になるため、チーム全体の連携が円滑になるだけでなく、様々な「確認」に割く時間が減り、より生産的に働くことができます。

データの可視化と意思決定の迅速化

膨大なデータをわかりやすく可視化する機能は、経営者や管理者にとって非常に有益です。データをわかりやすく把握することで、経営者や管理者は迅速に意思決定を行いやすくなるでしょう。

顧客との双方向コミュニケーション

最新の店舗管理システムには、顧客との双方向でのコミュニケーションを促進する機能が搭載されています。フィードバックの収集や問い合わせへの即時な対応が可能となるため、顧客満足度の向上にも期待が持てるのです。

店舗管理システムにはデメリットもある

店舗管理システムを導入すれば、多くの業務の効率が上がります。しかし一方では、デメリットも存在することを忘れてはいけません。店舗管理システム導入のデメリットは以下のとおりです。

  • 導入コストがかかる
  • 軌道に乗るまで多くのタスクが必要
  • システム維持に関わるリソース

導入コストがかかる

店舗管理システムを導入するためには、一定のコストがかかります。ハードウェアやソフトウェアの購入だけでなく、トレーニングやサポートのための予算も必要です。もちろんそれぞれにかかるコストは、適切な計画と戦略的な選択によって最小限に抑えることができますが、ある程度の予算が必要であることは間違いありません。

軌道に乗るまで多くのタスクが必要

既存の業務プロセスへの統合や従業員のトレーニングなど、店舗管理システムに慣れるまでは多岐にわたるタスクが必要です。計画的かつ段階的な導入スケジュールを立てるだけではなく、導入後のサポート体制をしっかり整え、従業員達が安心してシステムを利用できるようにすることが大切になってきます。

システム維持に関わるリソース

システムの維持や管理にも一定のリソースが必要です。定期的なアップデートやトラブルシューティングは欠かせません。

店舗管理システム:導入から運用までの流れ

店舗管理システムの導入を成功させるためには、運用までの流れを把握し、それぞれのステップを慎重な計画の基に行う必要があります。

  1. 組織のニーズを把握する
  2. システムの選択
  3. 導入
  4. 運用

1:組織のニーズを把握する

導入前に、まずは各部門や従業員の業務フローを詳細に分析します。そして、店舗管理システムを導入した後に、どのように業務プロセスをサポートするかを洗い出しましょう。この作業を行うことで、自社に必要な機能が見えてきますし、あまり必要ではない機能も見えてきます。

2:システムの選択

組織のニーズを確認したら、自社にとっての最適なシステムを把握しやすくなります。いくつか候補を挙げ、それぞれのベンダーから細かい説明を聞いてください。システムの機能面だけではなく、導入後のサポートについても聞いておきましょう。

3:導入

店舗管理システムの導入によって労働の仕方が大きく変わる従業員も少なくありません。彼らが変化にスムーズな対応ができるように、段階的な導入や余裕を持ったトレーニングスケジュールを意識しましょう。従業員達には使い方だけではなく、新しいシステムを使うメリットも分かりやすく伝えることが大切です。

4:運用

実際に運用が始まったら利用状況をモニタリングし、必要に応じた調整を行います。従業員達からのフィードバックを収集すれば、より良い仕事環境を作ることが可能です。店舗管理システムは非常に優秀なシステムですが、けっして完璧なものではありません。定期的な点検やアップデートを怠らず、情報セキュリティに留意し、データは厳重に管理するように心がけることが大事です。

おすすめの店舗管理システム

ここまでの流れを踏まえておすすめの店舗管理システムを紹介します。これから店舗管理システムを導入予定の企業の方、または既存の店舗管理システムをリニューアルしたい企業の方は以下のシステムを検討してみてください。
※これらの製品情報の閲覧には「DXPOオンライン会員登録」が必要です。

(株)HataLuck and Person

はたLuck® (店舗向け)

導入実績1.6万店舗突破|店舗サービス業の店舗DXアプリ

シフト管理やチャットなど店舗業務に必要な機能をワンストップでご提供。アプリ利用データから各店舗の状況を見える化・分析することが可能で、優良店舗のノウハウを蓄積、横展開できます。

(株)クロスビット

らくしふ

企業全体の利益率を向上させる、クラウド型シフト管理システム

「従業員の最適配置」と「シフト管理の効率化」で利益を最大化するシフト管理ツールです。他店舗間のヘルプ機能の活用による数百万円分のリソースの創出等、様々な成功事例を生み出しています。

(株)LTV-X

LTV-Omni(オムニチャネルCRM)

複数のECサイトだけでなく、実店舗も統合したCRMが実現可能

複数のECサイトだけでなく実店舗も統合したCRMが実現可能です。カート・POS・基幹システムと連動し、メール・LINE・郵送DMなどを使ったオムニチャネルに対応した販促を強力に支援

まとめ

近年、店舗管理システムは非常に大きな進化を遂げています。そのため、新たにシステムを導入すれば、多くの業務の効率を上げることができるでしょう。店舗管理システムの導入には、多くのメリットがあります。この記事で紹介したメリットとデメリットを理解し、導入から運用までを計画的に行なってください。そうすれば、企業の競争力強化に繋がります。

タイトルとURLをコピーしました