MAとは:MAのためのシステムやツール、メリットを初心者向けに解説

デジタルマーケ・SNS運用

近年、ビジネスの世界ではテクノロジーの進化により新たなマーケティング手法が求められています。その中でも注目されているのがMA(Marketing Automation)です。本記事では、MAの基本的な概念から初心者向けにわかりやすく解説し、導入に役立つ情報を提供します。是非参考にしてください。

MAとは:わかりやすく解説

MAとは、企業が効果的なマーケティング戦略を実現するための手法です。従来の手動作業を自動化することで、リード獲得や顧客とのコミュニケーションをより効率的に行えるようにします。

自動化によるマーケティングの進化

MAは、マーケティングプロセスにおいて多岐にわたる作業を自動的に処理することが可能です。たとえば、Eメールの送信や特定の顧客行動に応じたリアルタイムな反応など、さまざまなタスクを自動で行うことができます。

効率の向上と節約

MAがもたらす最大の利点は、時間とリソースの節約です。従来のような手動での作業では膨大な時間がかかっていたこともMAの利用により短時間で行えてしまいます。これまでマーケティングに多くのリソースを消費していた企業がMAを活用すれば、より効率的に業務を行えるようになるでしょう。

MAを活用する3つのメリット

MAの導入には数々のメリットがあります。ここでは代表的な3つのメリットを紹介するのでご覧ください。

  1. 時間と労力の削減
  2. 効果的なリード管理
  3. パーソナライズされたコミュニケーション

1:時間と労力の削減

MAを上手に活用することにより、繰り返しの作業や手動でのプロセスを自動化することができます。すると、マーケティングチームは貴重な時間と労力を節約できるでしょう。たとえば、これまでそれぞれの顧客に対して同じメッセージを繰り返し送っていた作業があったとします。この作業を自動化できれば、メッセージ送信にあてていた時間を、より創造的な作業や戦略的な取り組みに使うことができるようになるのです。

2:効果的なリード管理

MAの活用により、リードの進捗状況を追跡できるようになります。リードの行動や興味をリアルタイムで把握し、それに基づいて的確な対応ができるようになれば、顧客との信頼関係を築きやすくなるでしょう。

3:パーソナライズされたコミュニケーション

MAには、顧客の行動や好みに基づいて自動的にカスタマイズされたメッセージを送信する機能があります。この機能を使うことで、顧客が受け取るメッセージは一般的なものではなく、それぞれに適した情報や提案となるのです。メッセージはあくまで自動で行うのですが、メッセージを受け取った顧客には「パーソナライズされたコミュニケーション」として伝わるでしょう。その結果、顧客との関係を深めることができます。

MAのデメリット

MAは非常に優れた手法です。しかし、一方では注意すべきデメリットも存在していることを忘れないでください。以下のようなデメリットが存在することは、導入に前向きの方こそ知っておくべきです。

  • 初期投資と学習コストがかかる
  • 人間がもつ「感覚」の部分はカバーできない

初期投資と学習コストがかかる

MAシステムの導入には初期投資が必要です。また、新しい技術を導入する際の学習コストがかかります。そのため、企業はMAを導入する際にシステムの購入やカスタマイズだけではなく、トレーニングに関するコストも予算に組み込む必要があるのです。導入から実際に活用できるようになるまでの間に、ある程度の経済的な負担が発生することは忘れないでください。

人間がもつ「感覚」の部分はカバーできない

MAは完全に自動化されたシステムです。そのため、私達人間と同じような感覚やクリエイティビティは、不足する可能性があります。基本的にMAはデータやアルゴリズムに基づいて自動的な処理を行いますが、ときには人間の直感や創造性が必要とされるケースもあるでしょう。そのような場合は自動化に頼らず、自分達の直感や創造性を武器にして、仕事をしなくてはなりません。

将来的にこの課題は解決されるかもしれませんが、現状のところMAは完璧な存在ではないのです。まだまだ、感情や文脈を理解する能力において、機械は人間に劣っています。

デメリットへの対処策

初期投資に関しては仕方のないものと受け止めるほかありません。学習コストに関しては事前に計画的な予算編成を行い、トレーニングプログラムを導入すれば、スムーズな移行が可能となります。

また、人間の感覚やクリエイティビティが必要とされる場面では、人間が介入できる仕組みを構築しましょう。このような仕組みを構築しておけば、機械と人間のバランスが保たれます。

代表的なMAツール

MAの効果的な運用には、適切なシステムやツールの選択が重要です。以下はその中で代表的なものです。

  • Eメールマーケティングツール
  • CRM(Customer Relationship Management)システム
  • ソーシャルメディア管理ツール

Eメールマーケティングツール

Eメールマーケティングツールは、MAの中でも基本的かつ重要なツールのひとつです。自動でメールを送信し、受信者の行動に基づいて適切なメッセージを提供します。たとえば、ユーザーが特定のリンクをクリックした場合やメールを開封した場合、自動的に次のステップであるメールがユーザーに送信されます。このツールを活用することで、顧客との関係をスムーズかつ効果的に構築することが可能です。

CRM(Customer Relationship Management)システム

CRMシステムは顧客情報を一元管理し、MAと連携させることが可能です。CRMシステムの活用によって、ターゲットに合わせた的確な情報提供が可能になります。このシステムは顧客の基本情報や購買履歴、コンタクト履歴などを格納するため、これらの情報を利用してパーソナライズされたコミュニケーションを実現します。

ソーシャルメディア管理ツール

ソーシャルメディア管理ツールはソーシャルメディア上での活動を自動化し、リアルタイムでの顧客エンゲージメントを促進します。SNSへの投稿のスケジュール設定や特定のキーワードに反応する自動リプライ、顧客のフィードバックのモニタリングなどを通じて、効果的なソーシャルメディアキャンペーンを展開することが可能です。ソーシャルメディア上のキャンペーンにより、顧客との対話を強化し、ブランドの認知度やブランドに対する好感度の向上が期待できます。

MAに役立つおすすめのサービス

ここまでの流れを踏まえてMAに役立つおすすめのサービスを厳選して紹介します。これからMAを導入しようと考えている企業の担当者の方は、以下のサービスを検討してみてください。
※これらの製品情報の閲覧には「DXPOオンライン会員登録」が必要です。

(株)シャノン

シャノンマーケティングプラットフォーム

リードの獲得から買う気の引き上げまでを一気通貫で実施

デジタル、アナログを問わず一元管理されたリードの行動履歴にもとづいて「認知」「興味関心」「比較検討といったフェーズを管理。買う気を引き上げる施策を自動実施し、商談を増やします。

(株)GROWTH VERSE(旧スプリームシステム株式会社)

AIMSTAR

BtoC業界を代表する企業も活用するMA・CDP・分析・AI

ジュピターショップチャンネル様や、エムアイカード様等、業界を代表するBtoC企業にご利用頂いているLTV最大化を実現するEngagement Data Platformです。

みらいマーケティング(株)

デジタルマーケティング コンサルティングサービス

経験豊富なコンサルが蓄積されたノウハウを惜しみなく提供!

デジマケ戦略コンサルティングを中心に、企業の課題に適したコンサルプランを作成し、一緒に課題解決に取り組みます。当社のコンサルティングを通じてマーケティング戦略の高度化を実現します!

みらいマーケティング(株)

デジタルマーケティング研修

デジタルマーケティングに特化した研修を各種ご用意!

営業・マーケター向けのスキルアップに特化した個社向けの研修をご紹介します。弊社の強みは課題に合わせてカリキュラムをカスタマイズできること。 導入実績は多数、満足度の高い研修を実現

まとめ

MAはマーケティング戦略を効果的に実施するための重要な手法であり、初心者でも取り組みやすいものです。ただし、適切なツールの選択や基本的な原則の理解を通じて初めてMAを活用でき、ビジネスの成果を向上させることができます。この記事で紹介した内容をきちんと理解した上で、導入へと踏み切ってください。

DXツールを探すなら展示会もおすすめ

営業・マーケ/広告・販促/店舗・EC DXPO大阪’24
売上アップ・業務効率化・DX推進のための展示会
本分野 関西最大級 360社が出展!
会場:インテックス大阪 6号館 Cゾーン
会期:2月27日(火) ・2月28日(水)

デジタルマーケ・SNS運用
<この記事の執筆者>
DXPOカレッジ編集部(DXPOオンライン事務局内)

DXPO(読み:ディーエクスポ)は2022年夏にスタートした、DX分野日本最大級のBtoBハイブリッド展示会(リアル展[東京・大阪・福岡]+オンライン展)です。DXPOオンラインは、IT製品約450点※が出展、登録会員数36,000人以上※を数える、IT製品・サービスの比較・見積・マッチングサイトで、製品導入の比較検討に役立つ情報や、DXにおける課題解決のヒントを『DXPOカレッジ』として発信しています。(※23年12月時点の数値)

この記事をシェアする
DXPOカレッジ
タイトルとURLをコピーしました