サイト分析を行うメリットとデメリット

デジタルマーケ・SNS運用

近年のビジネスの成長では、顧客とのデジタル接点が増えています。そのため、サイト分析がビジネスを成功させるための大きな鍵を握っていると言えるでしょう。この記事では、サイト分析のメリットとデメリットに焦点を当てて紹介します。

サイト分析を行う4つのメリット

サイト分析を行うことで生まれる代表的なメリットを4つにまとめました。まずは、こちらをご覧ください。

  1. ユーザー行動が理解できる
  2. コンバージョン率の向上
  3. 競合他社と比較した上で自社サイトを俯瞰で見れる
  4. ROIの最大化

それでは、それぞれのメリットをひとつずつ詳しく解説します。

1:ユーザー行動が理解できる

サイト分析から得られるメリットの中で最も重要なメリットのひとつが、訪問者の行動パターンや嗜好を把握できることです。ユーザーがサイト上でどのページを訪れ、どのコンテンツに興味を持っているのかを把握することで、効果的な改善策を講じることが可能となります。ユーザー行動を理解すると、次のような効果があります。

  • コンテンツ最適化:訪問者の好みや関心を考慮したコンテンツの最適化が可能です。人気のあるコンテンツを拡充させれば、ユーザーエクスペリエンスを向上させられるでしょう。
  • マーケティング戦略の改善:ユーザーの嗜好を知ることで、ターゲット広告やキャンペーンの効果を向上させることができます。正確なデータに基づいたマーケティング戦略の展開が可能です。
  • ユーザーエンゲージメントの向上:訪問者がどのようにサイトを利用しているかを理解することで、ユーザーエンゲージメントを向上させることができます。これを突き詰めることで、ユーザーにとってより魅力的なサイトにすることができるでしょう。

2:コンバージョン率の向上

分析データを駆使することで、サイト上の強みや弱点を見つけ出し、具体的な改善施策を展開することが可能です。たとえば、以下のような効果が得られます。

  • サイトの強みを特定:サイト訪問者の行動や反応を詳細に把握することで、どのページがコンバージョンに寄与しているか、あるいは逆に離脱の原因となっているかをよく理解できます。
  • 弱点の改善:分析データから離脱が多いページや購買プロセスでの問題点などが見つかります。弱点を把握することで、効果的な改善策を打ち出すことができるでしょう。
  • キャンペーンの最適化:ウェブ上でキャンペーンやプロモーションを行った際に、どのくらいのの効果があったのかを把握できます。成功したキャンペーンの要因を分析することで、再びキャンペーンを成功させられる可能性も上がるのです。
  • ランディングページの構築:訪問者がどのページからコンバージョンに至るかを理解できます。この情報を基すれば、効果的なランディングページを設計し、訪問者のコンバージョンへの導線を最適化することが可能です。

3:競合他社と比較した上で自社サイトを俯瞰で見れる

自社と競合他社とを比較した情報は、ときに非常に有益なものになります。他社の成功事例や失敗から学べば、自社のオンラインプレゼンスを向上させるための戦略を打ち出しやすくなるでしょう。代表的なポイントを以下にまとめます。

  • 市場動向の把握:競合他社のウェブサイトにアクセスし、運用状況や成果を確認することで、業界全体のトレンドや市場動向を把握し、自社の戦略を適応させることが可能です。
  • 成功事例の学習:競合他社が成功している施策やコンセプトを自社に適用することができます。
  • 失敗からの教訓:競合他社の失敗の分析も重要です。他社が誤った戦略を取った結果を理解すれば、同じ過ちを避けることができます。
  • 戦略の差別化:自社サイトと競合他社のサイトを比較すれば、差別化できるポイントを見つけやすくなります。他社とは異なるアプローチや付加価値を提供は、市場での差別化に繋がるでしょう。

4:ROIの最大化

サイト分析は投資対効果(ROI)を最大化するための強力なツールにもなります。ROIに関する代表的な効果は以下のとおりです。

  • 広告効果の可視化:サイト分析により、広告キャンペーンがどれだけの成果を上げているかの可視化は可能です。クリック数やコンバージョン率などのデータを分析し、成功している広告を見極めることができます。
  • 無駄な広告費の削減:成果の上がらない広告やキャンペーンを特定することで、無駄な広告費の削減が可能です。
  • 有効なチャネルの特定:どのチャネルが最も有効かを特定するのに役立ちます。最も成果を上げているチャネルを特定すれば、そのチャネルを重点的に活用しやすくなるでしょう。
  • 戦略の精密な調整:マーケティング戦略を精密に調整することができます。成功した施策を強化し、改善の余地がある施策を修正することで、継続的な最適化が可能です。

サイト分析にはデメリットもある

サイト分析にはいくつかのデメリットもあるので、そちらも確認しておきましょう。

  • 専門知識の必要性:サイト分析には、専門的な知識が求められます。データを正確に理解し、それに基づいて意味のある行動計画を策定するためには、データ分析の基本原則に精通していることが重要です。
  • 誤った判断のリスク:データを誤って解釈してしまうと、当然誤った判断に繋がってしまいます。誤ったデータ解釈に基づいた施策は、ビジネスに対してマイナスの影響を与える可能性があります。
  • 過度な依存は危険:あまり過度にサイト分析ばかりに依存してしまうと、直感やクリエイティブな要素が軽視されてしまいます。結果、革新的なアイデアが見逃される危険性が生じます。
  • 意思決定の遅れ:過度なデータ収集や分析により、意思決定プロセスが遅れる可能性があります。データの集計や解釈にあまり大きな時間をかけてしまうと、急な変化や機会の損失に繋がってしまうのです。

サイト分析のためのおすすめシステム

ここまでの流れを踏まえておすすめのサイト分析システムを紹介します。これからサイト分析を行う予定、またはこれまでのサイト分析を改良したい企業の方は、以下のシステムを検討してみてください。
※これらの製品情報の閲覧には「DXPOオンライン会員登録」が必要です。

(株)WACUL

AIアナリスト

3.7万サイト以上のWebデータをもとに勝ちパターンをご提案

3.7万サイト以上のWebデータと勝ちパターンからサイト、SEO、Web広告の状況を自動で診断。診断に基づき、当社カスタマーサクセスチームが改善PDCAを伴走してご支援します。

まとめ

サイト分析がビジネスの成功に向けた有効な手段であるのは間違いありません。しかし一方で、サイト分析には注意が必要な面も存在します。この記事で紹介したように、メリットとデメリットを十分に理解した上で、サイト分析をビジネスに取り入れていきましょう。そうすれば、データ駆動とクリエイティビティのバランスが取れて、より効果的なオンライン戦略の構築を目指すことができるようになります。

DXツールを探すなら展示会もおすすめ

営業・マーケ/広告・販促/店舗・EC DXPO大阪’24
売上アップ・業務効率化・DX推進のための展示会
本分野 関西最大級 360社が出展!
会場:インテックス大阪 6号館 Cゾーン
会期:2月27日(火) ・2月28日(水)

デジタルマーケ・SNS運用
<この記事の執筆者>
DXPOカレッジ編集部(DXPOオンライン事務局内)

DXPO(読み:ディーエクスポ)は2022年夏にスタートした、DX分野日本最大級のBtoBハイブリッド展示会(リアル展[東京・大阪・福岡]+オンライン展)です。DXPOオンラインは、IT製品約450点※が出展、登録会員数36,000人以上※を数える、IT製品・サービスの比較・見積・マッチングサイトで、製品導入の比較検討に役立つ情報や、DXにおける課題解決のヒントを『DXPOカレッジ』として発信しています。(※23年12月時点の数値)

この記事をシェアする
DXPOカレッジ
タイトルとURLをコピーしました