もう迷わない!ECサイト構築サービスの選び方

EC販促・開業支援

ECサイト構築サービスとは、企業がオンライン上で商品やサービスを販売するためのウェブサイトを構築し、運用するためのプラットフォームやツールを提供するサービスです。この記事では、これからECサイトを構築したい企業の管理者に向けて、ECサイト構築サービスの選び方を紹介します。

ECサイト構築サービスとは

ECサイト構築サービスは、オンライン上で商品やサービスを販売するためのサービスであり、多様な業種や規模の企業に対応できるように設計されています。そのため、小規模な個人事業主から大手企業まで、各企業が自身のニーズに合ったオンライン販売環境を構築することが可能です。

ECサイト構築サービス:主な機能

それぞれのECサイト構築サービスには豊富な機能にあります。いずれも企業がオンライン上で商品やサービスを効果的に提供し、顧客とのスムーズな取引を可能するものです。代表的な機能には以下のものがあります。

  • 商品の登録・管理
  • ショッピングカート
  • 注文処理
  • 在庫管理
  • 決済処理
  • 顧客情報管理

商品の登録・管理

企業の商品情報を登録、また登録した商品情報を管理できる機能です。商品の写真、説明、価格などを効率的に管理し、最新の情報を随時反映させることができます。

ショッピングカート

顧客が商品を選んで購入する際に利用するもので、ECサイトの中核的な機能のひとつです。シンプルで使いやすいカート機能は、購買プロセスを円滑に進めます。

注文処理

顧客がショッピングカートに入れた商品を確定し、注文を完了させるための機能です。効率的かつ正確な注文処理を行うことで、顧客からの信頼を築くことができます。

在庫管理

企業が保有する商品の在庫状況をリアルタイムで把握できる機能です。この機能により、商品の適切な補充や欠品を防止がすることができます。

決済処理

安全でスムーズな決済処理は、ECサイトにおいて非常に重要です。さまざまな決済手段に対応し、顧客が安心して購買できるように工夫されています。

顧客情報管理

購買履歴や個人情報を適切に管理するための機能です。顧客との信頼関係を構築し、パーソナライズされたサービスを提供します。

ECサイト構築サービスを導入するメリット

ECサイト構築サービスを導入することで以下のメリットを得ることができます。

  • オンライン市場への参入と拡張
  • 顧客との直接的なコミュニケーション強化
  • 販売プロセスの自動化
  • リアルタイムなデータ分析
  • セキュリティの向上
  • 柔軟なカスタマイズとブランドイメージの強化

オンライン市場への参入と拡張

ECサイト構築サービスを導入することで、企業はオンライン市場に簡単かつ迅速に参入できます。また、新たな地域や国際的な規模での事業展開も可能です。

顧客との直接的なコミュニケーション強化

顧客との直接的なやり取りによって、フィードバックの収集や製品やサービスに関する情報提供ができるようになります。顧客満足度の向上に期待できますし、ニーズへの迅速な対応もできます。

販売プロセスの自動化

ECサイト構築サービスを活用すれば注文処理、在庫管理、請求書の発行などの販売プロセスを自動化できます。従業員達は従来の手作業から解放され、社内全体の業務効率が向上します。

リアルタイムなデータ分析

リアルタイムなデータを分析することで、消費者行動の理解や売れ筋商品の把握が可能です。IT管理者がこれらのデータを活用すれば、戦略的な意思決定を素早く行えます。

セキュリティの向上

セキュリティ機能の活用により、顧客データや決済情報を保護します。

柔軟なカスタマイズとブランドイメージの強化

企業のブランドイメージに合わせたウェブデザインやカスタマイズも可能です。サイトに独自性を出すことで、競合他社との差別化を図り、顧客への印象を向上させることもできます。

ECサイト構築サービスを導入する際の5つのポイント

ECサイト構築サービスを選定する際には、いくつかの重要なポイントがあります。ここでは以下の5つのポイントを紹介するので参考にしてください。

  1. アップデート機能の確認
  2. 国際展開へのサポート
  3. 競合他社との比較検討
  4. トレンドの追跡と将来の拡張性の考慮
  5. ユーザビリティとモバイル対応の重視

1:アップデート機能の確認

IT管理者は、サービスが定期的かつスムーズにアップデートされるかどうかを確認する必要があります。アップデートにより新しい機能やセキュリティ対策が迅速に導入されれば、サイトの最新性が確保されるでしょう。

2:国際展開へのサポート

グローバル展開を考えているのなら、多言語サポートがあるかどうかも重要です。地域ごとの文化や法規制への対応も把握しておきましょう。

3:法規制への適合性の確認

ECサイトは各国の法規制に従う必要があります。IT管理者は、選定したサービスがプライバシー法や消費者権利法などの法規制に適合しているかを確認することが重要です。

4:競合他社との比較検討

同業他社がどのようなECサイト構築サービスを利用しているかの調査は必須です。他社の事例を分析することで、自社に適したサービスの特徴が明確になることも少なくありません。

5:ユーザビリティとモバイル対応を重視

利用者がECサイトをストレスなく利用できるようにするために、ユーザビリティとモバイル対応は欠かせません。ECサイトを選定する際にはこれらのポイントを重視し、顧客体験の向上に寄与する方法を積極的に探りましょう。モバイルフレンドリーなサイトは、ユーザーとのコミュニケーションを強化します。

おすすめのECサイト構築サービス

ここまでの流れを踏まえておすすめのECサイト構築サービスを厳選して紹介します。これからECサイト構築サービスを導入しようと考えている企業の担当者の方は、以下のサービスを検討してみてください。
※これらの製品情報の閲覧には「DXPOオンライン会員登録」が必要です。

(株)LOM

【低コストで実現】ECサイト制作

低価格のECサイト制作の答えはCMSだけが答えじゃない

ECサイト制作を進めたいが、CMSだとCV(購入)しないが、一方制作会社に依頼すると高額になり、費用対効果が合わないという方向けの制作サービスです。

(株)ヘノブファクトリー

EC売上アップを目指すWEB戦略+サイト育成

売上150%改善事例多数!EC売上改善はお任せください!

自社ECを、ほとんど広告に頼らず4年で年商1億円まで育てた実績を持つヘノブファクトリーが、独自の売上改善メソッドに沿って、御社のECを売上アップに導きます!

(株)三越伊勢丹ビジネス・サポート

EC(通販)物流代行

百貨店品質でEC通販物流をトータルサポート

三越伊勢丹ビジネス・サポートに興味をお持ちいただきありがとうございます。 お客様のニーズに合わせたEC通販物流のお困りごとを解決いたします。

(株)インプレス

ネットショップ担当者フォーラム

EC業界の最新情報&日々のノウハウを届けるニュースサイト!

ネットショップの企画・運営・集客・販促などに携わる現場の人と意志決定者、およびそれらの方にサービスを提供する事業者や代理店のためのWebメディアです

まとめ

まっさらな状態からECサイトを構築しようとするとかなり大変ですが、ECサイト構築サービスを利用すれば比較的簡単に自社のECサイトを立ち上げることができます。また、当記事で紹介した内容は既にあるECサイトのリニューアルにも役立つでしょう。是非ここでの情報を役立ててください。

DXツールを探すなら展示会もおすすめ

営業・マーケ/広告・販促/店舗・EC DXPO大阪’24
売上アップ・業務効率化・DX推進のための展示会
本分野 関西最大級 360社が出展!
会場:インテックス大阪 6号館 Cゾーン
会期:2月27日(火) ・2月28日(水)

EC販促・開業支援
<この記事の執筆者>
DXPOカレッジ編集部(DXPOオンライン事務局内)

DXPO(読み:ディーエクスポ)は2022年夏にスタートした、DX分野日本最大級のBtoBハイブリッド展示会(リアル展[東京・大阪・福岡]+オンライン展)です。DXPOオンラインは、IT製品約450点※が出展、登録会員数36,000人以上※を数える、IT製品・サービスの比較・見積・マッチングサイトで、製品導入の比較検討に役立つ情報や、DXにおける課題解決のヒントを『DXPOカレッジ』として発信しています。(※23年12月時点の数値)

この記事をシェアする
DXPOカレッジ
タイトルとURLをコピーしました