人件費削減を無理なく行う5つの方法!店舗管理者は必見

人件費削減を無理なく行う5つの方法_イメージ画像 店舗・商業施設支援
店舗・商業施設支援

店舗経営または店舗管理を行っている方の多くが、人件費の問題に悩まされています。人件費は店舗経営にかかる最大のコストのひとつであり、経営者や管理者としては「できるだけ人件費を削減したい」というのが本音でしょう。

しかし、無理な人件費のカットは、店舗の繁栄を妨げる原因になってしまうことも少なくありません。従業員のモラールやサービスの品質を損なうことなく、人件費の削減を行うことは容易ではないのです。そこでこの記事では、無理のない形で人件費を削減させる5つの効果的な方法を紹介します。

一般的な人件費の割合

まずは、一般的な店舗経営における人件費の割合についてお伝えしましょう。人件費は、従業員の給与だけではなく福利厚生、労務管理などにも多額の費用がかかります。業界や店舗規模によって異なる部分もありますが、一般的な人件費としては小売店で売上高の20%〜30%程度、サービス業で40%〜60%程度を占めることが多いです。

どの業界であっても人件費は必要コストの大きな割合を占めます。そのため、効率的な人員配置や生産性の向上などを図ることで、人件費の削減を図る取り組みが重要となります。

また、最近では労働力不足や最低賃金の引き上げなどにより、人件費の割合はこれまで以上に上昇する傾向があります。

業界毎に見る人件費の特徴

小売業:小売業は従業員数が比較的多く、人件費の割合が高い傾向にあります。とくに、店舗内での接客や販売業務に従事するスタッフの給与や福利厚生に多くの費用がかかります。

飲食業:飲食業では、厨房スタッフやサービススタッフなど、多様な役割の従業員が必要です。厨房スタッフの技術や経験によって給与水準が異なり、それに応じて人件費の割合も変化します。また、繁忙期や時間帯によっては時間外労働が発生しやすいため、人件費のコントロールが課題です。

製造業:工場内での生産ラインや製品の製造に従事する労働者が主要な従業員です。製造業では労働力の技術や熟練度が重要であり、それらに応じて給与水準も異なります。一方で、自動化や省人力化の進展により、従業員数を減らすことで人件費を削減する取り組みも見られます。

サービス業:サービス業では、従業員の質やスキルが顧客満足度に直結します。教育やトレーニングに多くの投資が必要であり、その影響で他の業界以上に人件費の割合が高くなる傾向があります。

人件費削減を無理なく行う5つの方法

では、人件費削減を無理なく行う5つの方法を紹介します。ここで紹介するのは以下の5つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

  1. 省人力化の戦略
  2. タスクの最適化
  3. 従業員の教育・トレーニングへの投資
  4. フレキシブルなシフト制度の導入
  5. 労働時間のモニタリング

省人力化の戦略:テクノロジーの活用による効率化

人件費削減を実現するための効果的な手段のひとつは、省人力化の戦略を採用することです。近年、テクノロジーの発達によって、業務の自動化に役立つ強力なツールがいくつも発表されています。

たとえば、在庫管理システムを導入すれば、これまで従業員が行っていたルーチンワークを減らすことができます。このように人件費が発生しない業務を少しずつ増やすことで、店舗全体の人件費を大幅に削減させることも可能です。また、システムの導入には人為的なミスを減らすという別のメリットも存在します。

タスクの最適化:スタッフの能力を最大限活かす

タスクの最適化を行えば、従業員のスケジュールを適切に管理することができます。そうすることで、従業員のスキルや経験を最大限に活用しやすくなるでしょう。それぞれのスタッフに適した業務を割り当てれば、生産性の向上に期待ができます。

たとえば、高いスキルを持つ従業員には複雑な業務を担当させ、低いスキルを持つ従業員には簡単な業務を割り当てることで、全体の業務効率を最大化できます。

また、従業員たちのスケジュール調整を厳しく管理することで、ピーク時やオフピーク時などの需要に応じた人員配置を行うことができるようになります。すると、暇を持て余す従業員を大幅に減らすことができるでしょう。このように、タスクの最適化とスケジューリングを行うことで、人件費削減を無理なく実現することが可能となります。

従業員の教育・トレーニングへの投資:スキルアップで生産性向上を図る

従業員のスキルアップは、店舗の生産性向上に直結します。一人あたりの生産性が向上すれば、一度に働く人数を減らすこともできるでしょう。たとえば、それぞれの従業員の生産性が10%上がったとしたら、これまで11人で対応していた仕事を10人でこなすことができます。

スキルアップした従業員は、より高度な業務にも取り組めるようになるでしょう。顧客サービスの向上にも期待できます。従業員が顧客により良いサービスを提供できるようになれば、顧客の満足度が向上し、リピーターが増加する可能性もあります。

フレキシブルなシフト制度の導入:コスト削減とスタッフの満足度向上を両立

フレキシブルなシフト制度の導入も有効です。フレキシブルなシフト制度を導入することで、従業員の労働時間を柔軟に調整し、効率的な人員配置を実現しやすくなります。たとえば、需要の高い時間帯には多くのスタッフを配置し、需要の低い時間帯には少ないスタッフで対応すれば、無駄な労働コストを削減できるでしょう。

フレキシブルなシフト制度の導入は、従業員たちのワークライフバランスの向上にも効果があります。ワークライフバランスが向上すれば、従業員たちの満足度が上がり、離職率も低下するでしょう。その結果、採用コストを下げることもできるのです。

フレキシブルなシフト制度の導入は、コスト削減とスタッフの満足度向上を両立させることができる効果的な手段となります。

労働時間のモニタリング:生産性を高めながら時間外労働を抑制

モニタリングによって従業員の労働時間を正確に把握することも、人件費の削減に効果があります。モニタリングを行えば、従業員たちに効率的な時間の使い方を促すことが可能になるでしょう。生産性を向上させながら、時間外労働を抑制することができます。

従業員たちに効率的な時間の使い方を促す際には、以下のようなことを行うと良いでしょう。

  • 業務の効率化
  • タスクの最適化
  • 従業員が効率的に業務をこなせるように適切なトレーニングやサポートの提供

つまり、ここまで紹介してきた施策を行うために、モニタリングを行うのです。時間外労働は人件費が割り増しになってしまうため、優先的に削減できるような策を打つべきでしょう。

人件費削減にはデメリット・リスクもある

人件費削減は企業に多くのメリットをもたらしますが、注意しなければならない点もあります。メリットだけに注目し、デメリットを無視すると予期しないトラブルや障害が生じる可能性もあるので注意してください。ここでは、人件費削減のデメリットならびにリスクを3つ紹介します。

人件費削減のデメリット・リスク1:従業員のモチベーション低下

給与や賞与のカット、リストラによる人件費削減は、従業員のモチベーション低下を招く恐れがあります。モチベーションは労働生産性と直結しており、意欲が低下すると業務効率の低下、さらには売上や業績の悪化に繋がる可能性があります。また、モチベーション低下が原因で退職者が増えるかもしれません。人件費削減は即効性のある方法ですが、その代償も大きいことを理解しておく必要があります。

人件費削減のデメリット・リスク2:会社のイメージダウン

労働契約法第9条では、企業は労働者の不利益になる就業規則の変更を労働者の同意なく行うことを禁じています。業績悪化など合理的な理由があれば例外ですが、給与カットやリストラは最終手段であり、安易な実施は許されていません。そのため、これらを行うと深刻な業績不振と見なされ、金融機関や投資家からの評価が低下する可能性があります。また、従業員の権利を守れない企業として社会的評価も下がるでしょう。

人件費削減のデメリット・リスク3:人材不足に陥る

不適切な形で給与や賞与のカットをすると従業員たちの反感を買い、離職リスクが高まります。しかも、この場合は必要な人材から先に辞めていくでしょう。当然、業務効率が低下し、人件費を削減しても売上高人件費率が横ばいあるいは上昇する可能性があります。さらに、人手不足により従業員一人当たりの負担が増加し、過労やストレスから残った従業員も離職するリスクが高まります。現代日本では少子高齢化により人材不足が深刻化しているため、優秀な人材の流出は大きな痛手です。

人件費を適正化させるためのサービス

Y

人件費を適正化させるためのサービスをご紹介します。よかったらご検討ください。
※これらの製品情報の閲覧には「DXPOオンライン会員登録」が必要です。

(株)Goals

HANZO 人件費

AI需要予測による人件費適正化サービス

AIによる統計アプローチを活用して最適なシフト人員数を算出。店長の経験と勘に依存していた売上の予測や人員数の算出をAIが代わりに行うことで、人件費の適正化を実現します。

(株)HataLuck and Person

はたLuck® (店舗向け)

導入実績1.6万店舗突破|店舗サービス業の店舗DXアプリ

シフト管理やチャットなど店舗業務に必要な機能をワンストップでご提供。アプリ利用データから各店舗の状況を見える化・分析することが可能で、優良店舗のノウハウを蓄積、横展開できます。

(株)クロスビット

シフト管理DX「らくしふ」

企業全体の利益率を向上させる、クラウド型シフト管理システム

「従業員の最適配置」と「シフト管理の効率化」で利益を最大化するシフト管理ツールです。他店舗間のヘルプ機能の活用による数百万円分のリソースの創出等、様々な成功事例を生み出しています。

人件費削減:まとめ

人件費削減を無理なく実現するための方法を5つ紹介しました。人件費削減を行う際に最も大事なのは、無理のない形で行うことです。従業員のモラールやサービス品質が下がってしまうのでは、本末転倒です。そうならないよう、慎重な計画のもとに行ってください。

タイトルとURLをコピーしました