請求書もデジタルの時代へ!電子請求書システムの紹介

経理・財務システム

近年、ビジネス環境はあらゆる方面でデジタル化が進んでいます。中には伝統的なビジネスプロセスが変革を遂げることもあるのです。代表例が請求書のデジタル化でしょう。本記事では、なぜ電子請求書が注目されているのか、そのメリットや導入方法、おすすめのシステムなどを紹介します。

電子請求書が注目される理由

電子請求書が注目される理由

多くの企業で電子請求書のシステムが採用されているのには、もちろん理由があります。代表的な理由として以下のものを挙げることができます。

  • 従業員達の手間が減る
  • ミスが減る
  • 環境に優しい

従業員達の手間が減る

電子請求書システムを導入することで、従業員達の時間と手間の削減がされます。従来の手作業に比べて電子請求書は作成と送付を素早く行えるため、業務プロセスはより効率的になっていくでしょう。従業員達が、これまで請求書に関わっていた時間を他の重要な業務に充てることで、企業全体の生産性の向上にも期待できます。

従業員達の手間が減る

ミスが減る

お金が絡むミスが起こってしまうと、相手との信頼性を損なう原因にもなってしまいます。それなのにも関わらず、従来の方法である手書きや印刷ベースの請求書では、どうしても計算ミスや情報漏れが起こりがちでした。電子請求書システムを導入することで、これらのリスクが軽減されます。デジタルな環境でのデータ入力は正確性を高め、信頼性の向上に寄与するのです。

環境に優しい

近年、あらゆる業界で環境への配慮が意識されています。環境保護のためのペーパーレス化もその一環です。請求書を紙から電子データに切り替えることで、ペーパーレス化を進めることもできるのです。電子請求書システムは、企業イメージを高める役割を担ってもくれるでしょう。

導入の際に注意するべきポイント

導入の際に注意するべきポイント

電子請求書を導入する際には、いくつかの重要なポイントに留意する必要があります。

  • システムトラブルのリスク
  • セキュリティの確保
  • 導入コストの確認
  • 従業員へのトレーニング

システムトラブルのリスク

電子請求書システムはインターネットを利用する以上、サーバー障害などでシステムが一時的に利用できなくなってしまう可能性が伴います。これらの問題に備え、十分な対策を講じるようにしてください。バックアップシステムの整備などを確保しましょう。

セキュリティの確保

データのセキュリティ確保は極めて重要であり、導入する電子請求書システムはSSL暗号化やアクセス権の制限など、十分な対策を講じるべきです。これによって機密情報が保護され、企業データが安全に取り扱われます。

導入コスト

電子請求書システムの導入には初期投資が必要です。潤沢な予算がある気にならないかもしれませんが、予算が限られている企業の場合は、初期投資がハードルになることがあります。しかしながら、導入後の業務の効率向上や将来的なコスト削減を考慮すると、投資対効果は期待できます。コスト面を検討する際には、システムの長期的な利点をしっかりと計算しましょう。

従業員達へのトレーニング

電子請求書システムに限らず、新しいシステムの導入には従業員達へのトレーニングが欠かせません。システムの適切な活用を保証するために、従業員達へのトレーニングには十分な時間とコストをかけてください。トレーニングによって従業員がシステムを理解し、活用するスキルを身につければ導入後のスムーズな業務遂行が期待できますから、トレーニングにはしっかりとリソースを割くことが重要です。

電子請求書:導入までの流れ

電子請求書:導入までの流れ

電子請求書を導入する際の流れをスムーズに進めるためには、以下のステップが重要です。

  • 必要な機能の確認
  • システムの選定
  • システムの導入
  • 従業員達へのトレーニング

必要な機能の確認

最初に、企業が必要とする機能や具体的なニーズを明確に把握します。そうすることで最適な電子請求書システムを選定する際の指針が得られるでしょう。電子請求書システムは他の企業プロセスとのシームレスな統合がスムーズでなければなりません。データ共有や業務連携が円滑に行えるよう、統合性の高いシステムを選定することが必要です。

必要な機能の確認

システムの選定

必要な機能や具体的なニーズを把握したら、続いてはシステムの選定です。ベンダーとのコミュニケーションを密にし、実際の動作を確認するためにデモやトライアルを上手に活用しましょう。この際にはインターフェースの確認も行います。使いやすいインターフェースであることが重要で、できるだけ従業員達が直感的に操作できるシステムを選ぶことが導入成功の鍵です。

システムの導入

実際にシステムを導入します。この際に、ベンダ―からのサポートを受けられるのであれば、最大限に利用したほうが良いでしょう。

従業員達へのトレーニング

本格的な運用の前に従業員達へのトレーニングが欠かせません。システムの利用方法や機能の理解を深めるためのトレーニングは、スムーズな運用を保証するための重要なステップです。従業員がシステムを効果的に活用できるよう、トレーニングには十分なリソースを割り当てましょう。

おすすめの電子請求書システム

おすすめの電子請求書システム

ここまでの流れを踏まえておすすめの電子請求書システムを厳選して紹介します。これから電子請求書システムを導入しようと考えている企業の担当者の方は、以下のシステムを検討してみてください。
※これらの製品情報の閲覧には「DXPOオンライン会員登録」が必要です。

(株)ラクス

電子請求書発行システム「楽楽明細」

面倒な請求書発行業務がラクに!簡単導入でコスト90%削減!

電子請求書発行システム「楽楽明細」は、請求書や納品書、支払明細などの帳票をWEB上で一元管理・発行できるシステムです。印刷・封入・発送をゼロにでき、手間とコストを大幅削減します。

電子請求書と併せて導入したい:電子印鑑

電子請求書と併せて導入したい:電子印鑑

電子請求書システムを導入するのであれば、印鑑を従来のものから電子印鑑へ変更することも意識してください。請求書が電子になるのであれば、自然と印鑑も電子対応する必要が出てきます。最後に、電子印鑑についても簡単に触れておきます。

電子印鑑とは

電子印鑑とは印影を電子データ化したもので、紙の文書に捺印する代わりに電子文書に貼り付けることで、押印・捺印と同等の効力を有します。

電子印鑑を採用するメリット

企業や組織での電子印鑑の採用には以下のメリットがあります。

  • ペーパーレスオフィスの実現
  • リモートワークの推進
  • データセキュリティの向上

電子印鑑について更に詳しいことを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

まとめ:適切なシステムの選定と従業員達へのトレーニングを重視

適切なシステムの選定と従業員達へのトレーニングを重視

電子請求書システムの導入は、企業の業務プロセスを向上させるだけではなく、環境にもやさしい選択肢となっています。もちろん導入には注意が必要ですが、導入後に得られる効果は企業全体に及ぶものです。これから電子請求書システムを導入する企業の方は是非この記事での情報を参考にした上で、適切なシステムの選定と従業員達へのトレーニングを行い、電子請求書システムの導入を成功させましょう。

タイトルとURLをコピーしました